相続させる本人

相続問題を円満に解決するためには、生前対策が最も効果的です。節税対策や遺言書の作成など、早めにご相談下さい。

相続する家族

非相続人が亡くなった時点で相続は発生します。相続が発生してからの流れを把握しておくなど、最善の対策を取りましょう。

相続の専門家がトータルでサポートします!

蕨駅前の加藤忠男税理士事務所では、さいたま市や蕨市だけでなく、川口市、北区、板橋区、豊島区エリアなどから、ご来所いただいてる会計事務所です。

相続によって発生するトラブルは、遺産金額の大小だけが原因ではありません。特に、遺産に土地や家屋といった不動産が含まれるような場合、家族間や兄弟間など立場の違いによって評価の解釈が異なり、トラブルにつながることが多いのです。

当事務所では、不動産会社出身の税理士が在籍しておりますので、安心してご相談下さい。

遺言書作成のアドバイスもお任せください!

生前対策で最も効果がある遺言書の作成ですが、ただ作成するだけでなく、本当に効果がある遺言書を作成することが重要です。

作成する際は、被相続人だけで作成するのではなく、相続人も交えて作成することで、トラブルのない円満な遺産相続を実現することが可能です。遺言書は下記のポイント押さえて作成することをお勧めします。

  1. 不動産を共有で取得させない
  2. 遺留分を考慮する
  3. 作成した遺言書を定期的に見直す
  4. 節税を意識して作成する
  5. 二次相続を考慮する
  6. 小規模宅地等の特例と配偶者の税額軽減を最大限活用させる
加藤税理士事務所電話お問い合わせ

加藤税理士事務所メール問合せ

更新日:

トピック・ニュース

婚外子
【トピックス】婚外子の相続差別に違憲判決

去る9月4日、最高裁において婚外子の相続差別についての違憲判決が出されました。これは、結婚していない男女間に生まれた子(婚外子、非嫡出子)の遺産相続分を、結婚している夫婦の子(嫡出子)の半分と定めた民 ...

相続税のサイト
【相続】専門サイトをオープン致しました!

当事務所の【相続】専門サイトをオープン致しました! こちらの専門サイトでは相続に特化した情報を発信しております。 現在、相続登記、遺産放棄などで悩まれておられる方の為に、少しでもお役に立てればと思い立 ...

死後のペット
死後のペットが心配

このケースの問題点 自分が死んだ後に遺されるペットの世話を託したい。そして、それを託する方法はどのようにすればいいでしょうか。 このケースの解決事例 ここで考えられる方法が【負担付遺贈】です。ペットの ...

音信不通の弟
10年以上音信不通の弟との遺産分割協議

ケース 相続財産(遺産) 相続人 問題点 ・財産1 ・財産2 ・財産3 ・相続人A ・相続人B ・相続人C 問題点1 問題点2 問題点3 問題点4 このケースの問題点 被相続人が亡くなり、遺産分割の協 ...

認知症
認知症の方がいる場合の遺産分割協議

ケース 相続財産(遺産) 相続人 問題点 定期預金:600万円 ・相続人A ・相続人B ・相続人C 相続人Cが認知症である このケースの問題点 遺産分割協議書を作成する際に、相続人の中に認知症や知的障 ...

Copyright© 加藤忠男税理士事務所 , 2019 All Rights Reserved.