事例集 相続放棄

相続人全員が相続放棄する

更新日:

ケース

相続相続財産(遺産) 相続人相続人 問題点問題点
・借金:200万円 ・相続人A
・相続人B
・相続人C
借金のみ

このケースの問題点

被相続人が借金を残したまま死亡してしまいました。 どこから借入れたのかや、借入総額を聞いていなかったため、相続するかどうかの判断ができない状況です。

そのため、相続人Aは相続放棄を選択することにしました。

しかし、子供Bが相続放棄をすることで、被相続人Aの兄弟姉妹・甥姪までをも今回の相続に巻き込むこんでしまうため、どうしたらよいか。

このケースの解決事例

【1】子供Bが相続放棄をするにあたって、次順位の相続人となる兄弟姉妹・甥姪に状況の説明をし、了解を取り付ける。

【2】子供Bが相続放棄の申述を行う。

【3】 【2】が受理された後、次順位の相続人である兄弟姉妹・甥姪6名の相続放棄の申述を行う。

【4】相続人全員の相続放棄の手続が完了

プラスの遺産がないとの判断のもと、遺産の調査をせず相続放棄の申述をします。次いで、兄弟姉妹・甥姪との連絡を取りながら進めます。

Copyright© 加藤忠男税理士事務所 , 2020 All Rights Reserved.