事例集 遺言

遺言を無視することはできる?

更新日:

ケース

相続相続財産(遺産) 相続人相続人 問題点問題点
全財産 ・妻
・子供3人
■夫が「全財産を妻に相続させる」という手書きの遺言書(自筆証書遺言)を残した
■子供が3人いるが、あまり仲が良くなく財産分けで揉めそう
■子供が揉めずに財産分けをするならば、妻は遺言を無視するとのこと

このケースの解決事例

有効な遺言書があっても、それに従わなくても問題は無い?

実は遺言書があるのならば、そのまま決まってしまうし、遺産分割協議の余地も無いという最高裁の判決があります。

ただし、実務は相続人全員が合意すれば、それに対して訴える人がいませんから、問題が生じません。

法律上では相続人である受遺者(遺言による財産の受取人)全員が遺言を放棄すれば、遺言がすべて失効するので、相続財産全てが相続人のものとなるので、そこであらためて相続人全員で遺産分割協議をすると考えます。

また遺言書に従わない遺産分割協議書になったとしても、登記所も銀行も全く分かりません。

Copyright© 加藤忠男税理士事務所 , 2020 All Rights Reserved.