遺言書について

遺産の相続をスムーズに行い、相続人の間でトラブルが起きないようにするためには、遺言書は欠かすことのできないものです。

遺言書とは

遺言書とは

遺言書とは、被相続人の最終意思を実現する書面のことを指します。

過去に自分が築いた財産を有効活用してもらいたいときや、死後に相続財産を巡り、相続争いが起こらないようにしたいとき、または、特定の人物へ財産を相続したい時に有効です。

遺言書の決めれる事項、種類について詳しく知りたい方はこちら

遺言書の作成について

遺言書の作成

遺言には厳格な書式が求められています。遺言として成立させるには、民法で定められた、自筆証書遺言、秘密証書遺言、公正証書遺言のいずれかの要件を満たさなければなりません。

遺言書の作成の流れや必要書類について詳しく知りたい方はこちら

遺言の執行について

遺言書の執行

遺言の執行とは、遺言者の遺言の内容を実現することです。また、遺言を執行する人を遺言執行者といいます。

遺言書の執行の流れなどについて詳しく知りたい方はこちら

加藤税理士事務所電話お問い合わせ

加藤税理士事務所メール問合せ

更新日:

Copyright© 加藤忠男税理士事務所 , 2019 All Rights Reserved.