遺産分割について

被相続人が遺言を残さずに亡くなった時に相続が発生し、被相続人の遺産が相続人全員の共有状態になります。その共有状態になっている遺産を具体的に分配していくことを『遺産分割』といいます。

遺産分割協議について

遺産分割について債務も含むすべての遺産が確認できたら、必ず相続人全員で遺産の分配を協議します。

一部の相続人を除外して行った場合は、無効になります。

遺産分割協議の際に各相続人は、法定相続分を元に、自分の権利を主張することができますが、遺産分割は、相続人全員の合意があれば、法定相続分の割合に関わらず自由に行うことが可能です。

協議が成立したら「遺産分割協議書」を作成し、相続人全員(特別代理人も含む)が、これに署名押印します。

よくある遺産分割協議の問題点

遺産分割協議書について

 
遺産分割協議書の様式は特に決まっていませんが、必要な記載事項があります。

必要な記載事項

・亡くなられた方の除籍謄本、改製原戸籍、戸籍謄本
亡くなられた方の相続人を確認するため、遺産分割協議に参加できる人を確認するために必要です。

・亡くなられた方の住民票の除票、戸籍の附票
亡くなられた方の死亡時の住所を確認するために必要です。

・相続人の住民票

・相続人の実印と印鑑証明書

・財産の内容がわかる資料
不動産の場合は登記簿謄本・預貯金の場合は預金通帳、残高証明など

遺産分割協議書作成の流れ

1.被相続人を特定する

被相続人の氏名の他、本籍、最後の住所、生年月日、死亡年月日を確認します。

2.相続人を特定する

相続人全員の氏名のほか、各人の戸籍、住所、生年月日、被相続人との続柄の確認をします

3.相続財産の確認

分割協議書に記載する、財産を確認します。不動産であれば、登記簿謄本を参考にします。また、株式・公社債・預貯金等については、銘柄・株数・金額・金融機関名のほか、証券番号・口座番号も確認します

4.各相続人の署名・押印

各相続人は、氏名を自署し、実印で押印します。

5.印鑑証明書を添付し、保管

分割協議書は、共同相続人の人数分作成し、各人の印鑑証明書を添付し、それぞれが保管をします。

加藤税理士事務所電話お問い合わせ

加藤税理士事務所メール問合せ

更新日:

Copyright© 加藤忠男税理士事務所 , 2019 All Rights Reserved.